年賀状2022キャノン(Canon)無料テンプレート

今年も師走に突入しました。
年賀状の準備が気になり始める今日この頃ですね^^;

毎年のことですが、1枚1枚、年賀状を作成するのは結構重労働です。時間に余裕がない中で、失敗はできないというプレッシャーもあります。
そんな中、最近では年賀状作りに無料テンプレートを活用するという人が増えています。

テンプレートって…? と疑問を持つ人もおられるでしょうが、簡単に言えば、WEBサイトから無料でダウンロードできるデザインで、ダウンロード後は、印刷するだけでキレイでプロ並みの年賀状が作れるというものです。

今は提供しているサイトも数多くあり、何種類もの無料テンプレートが、誰でもカンタンにダウンロードできるんです。2022年用の寅年のデザインのものも豊富にありますよ。

もちろん2022年用の寅年デザインのイラストもたくさんありますよ。

たくさんある無料テンプレートの中でも、特に、キャノンのデザインは高い人気を博しています。

キャノンの年賀状デザインは、毎年数百種以上提供されています。その上、DLする時によくある、無料会員登録の義務などもないので、人気を集めるのももっともだと思います。

一方で、個人的にはキャノンが提供するテンプレートは、少し評価が高すぎるのではないかという疑問を持っています^^;

そこで今回は、その理由をお話しするとともに、キャノンに負けないくらいツカエル年賀状テンプレートをどんどんご紹介していきます。



 

キャノンの年賀状テンプレートはココがチョット…

キャノンに限らず、各プリンターメーカーからは、毎年、それぞれ独自の年賀状テンプレートを提供されています。
その中でも提供数ではキャノンが群を抜いているんですが…

エプソンやブラザーでは、既に数年前から、無料のアプリソフトが同時に提供されていて、誰もがより便利に年賀状作成ができるようになっているのですが、キャノンは、画像ファイルの提供にとどまっているんです。

実際に、エプソンやブラザーなど、他のプリンターメーカーのアプリを使って年賀状を作成している人は、その便利さを実感されていることと思います。



例えば、ブラザーのアプリの場合、PCでハガキの裏面のデザインを作成・編集し、表の宛名書きまですることができます。
ここまではそう珍しくないのですが、ブラザーのアプリの優れたところは、スマホに完全対応している点です。

未だにキャノンさんは、画像ファイルとしての提供にとどまっています。

スマホで年賀状を作成するメリットの一つとして、自宅にプリンターがない人でも、Wi-Fiに接続すれば、作った年賀状を外部のプリンターで印刷できるということがあります。

これに対して、キャノンの様に画像ファイルのテンプレートだと、デザインを編集する際に、他の編集ソフトが必須になるだけでなく、宛名書きなどの文字編集も自力でしなければなりません。
また、テンプレートは豊富ですが、デザイナーが他社にも提供している場合があるので、全てがキャノンのオリジナルとは言い切れないんです…^^;

 

 

キャノンの年賀状テンプレートが向いている人

それでは、キャノンの年賀状テンプレート向きの人とは…

まず、大前提として、キャノンのイラストデザインが大のお気に入りだという人で、宛名書きは必ず直筆しているという人。デザインを編集することは考えていない人。画像編集ソフトの扱いに慣れている人。

このような人はキャノンの年賀状テンプレート向きだといえるでしょう。

また、補足になりますが、今人気の写真フレームのデザインも、レイヤー機能のある画像編集ソフトが必要になります。

こんな方であれば、キャノンの年賀状テンプレートは向いています。

※修正
2022年用としてキャノンが提供する従来のテンプレートには写真フレームがありません。
というのも写真フレームに限り「Easy-PhotoPrint Editor」用になった為です。
Easy-PhotoPrint EditorはCanonが提供するマルチ写真印刷アプリで、画像コラージュ、カレンダー、ディスクレーベル、名刺など写真を使った様々な加工&印刷ができるものです。

キャノンEasy-PhotoPrint Editor

キャノンの写真加工アプリ

なので、キャノンのテンプレートも他の編集ソフトなしでの年賀状作成が可能…となった訳ですが、現状の写真フレームデザインをみますと、提供されているものは僅か22種で、昨年と比べかなり少ないですく(1/10以下)。

或いは、この後増えるのかも知れませんが…もしこのままであれば、選択肢も限られしまい残念な変更です。また、宛名印刷もできない為、このアプリで年賀状の完全作成はできません。

筆者的には「はがきデザインキット」などが利用できたので、寧ろ以前のままの方がテンプレートは便利だったと感じます。

 

 

人気が集中するのでデザインが被りやすい?

キャノンや日本郵政が提供している無料ソフトを使用する場合、両方とも人気があるが故の悩みもあります。
多くの人が利用しているということは、それだけ活用するデザインが被ってしまう可能性が高まるということです。

親しい友人との間なら、笑って済ませることができますが、会社の上司やビジネスの取引相手の場合、
安易に、ありきたりのテンプレートを使って、手間をかけずに作った年賀状…?そんな風に受け止められる心配があります。

人気が集中するのでデザインが被りやすい?

もちろん、多くの人が無料のテンプレートを利用している時代です。キャノンや日本郵政に限らず、
同じサイトの同じテンプレートを使う可能性はゼロとは言えないでしょう!
無料テンプレートを利用する以上、仕方のない事と言えばそれまでですが。

ここでは、人気がある無料ソフトの場合は、そんなリスクもあるということだけ念頭に置いておいていただければと思います。



 

キャノン以外にオススメな年賀状テンプレート2022

2022・デザイン年賀状・FACTORY

3人のデザイナーがそれぞれの個性でデザインした、ここだけで入手できる2022年の新作のテンプレートです。

現代的な和風のデザインからカジュアル系のものまで、幅広い立場の人に送る際に共用できる、ハイクォリティーなデザイナーズ年賀状を無料で手に入れることができます。

ふゆき年賀状1

ふゆき年賀状2

ふゆき年賀状3

無料テンプレート提供サイトへ

 

 

INDIVIDUAL LOCKER

特徴的なおしゃれなデザインを提供しているのがINDIVIDUAL LOCKERです。
2022年のテンプレートも一級品が揃っています。

寅年にちなんで、「寅」の文字をデザイン化したものが多いのですが、ここまで「寅」をデフォルメしたデザインは、他では入手できないでしょう。

INDIVIDUAL LOCKER テンプレート1

INDIVIDUAL LOCKER テンプレート2

無料テンプレート提供サイトへ

 

 

無料年賀状テンプレート Andante

お正月らしいゴージャスな和風のデザインから、レトロな印象を与えるフォーマルデザイン、洋風のものや写真フレームのデザインまでジャンルも幅広く、テンプレートの数もたくさんあります。

また、デザインはすべて、文字なし、賀詞入り、賀詞+挨拶文入りなど、それぞれを組み合わせることによって、使い手の好みや、送る相手、用途など多様なニーズに対応することができます。

無料年賀状テンプレート Andante テンプレート1

無料年賀状テンプレート Andante テンプレート2

無料テンプレート提供サイトへ

 

 

年賀状スープ

かわいいけれどお洒落な写真フレームをお探しの方は、こちら年賀状スープのテンプレートがおすすめです。
ネジミをモチーフにした写真フレームをはじめ、多くの種類がありますが、パステル調のカラーがベースとなっていて、温かいイメージを持たせてくれます。

よくある四角のフレームだけではなく、写真が一段と映えるようにデザインされているのも嬉しいところです。

年賀状スープ テンプレート1

年賀状スープ テンプレート2

無料テンプレート提供サイトへ



 

年賀状桜屋

メルヘンチックで可愛らしく、見るもの全てをほのぼのとした気分にしてくれるようなデザインです。特に、女性同士で年賀状を交換する場合には最適ではないでしょうか。

また、フォーマルタイプのデザインも揃っていますが、いわゆる伝統的なフォーマルデザインではなく、クールな仕上がりになっています。一度チェックしてみてくださいね。

年賀状桜屋 テンプレート1

年賀状桜屋 テンプレート2

無料テンプレート提供サイトへ

 

 

ビズオーシャン

ビジネス向き年賀状をお探しの人は、こちらビズオーシャンのテンプレートがいいと思います。
シンプルでスッキリしていて、その上品格を感じさせるデザインが特徴です。

また、ビジネス関係用に作る年賀状の場合、メッセージなどの文章を挿入するケースが多いですが、こちらのテンプレートはワード形式になっています。この点も重宝すると思います。

ビズオーシャン テンプレート1

ビズオーシャン テンプレート2

無料テンプレート提供サイトへ

 

 
以上、2022年の年賀状無料テンプレートについて、特にツカエルものを6つ厳選してご紹介しました。
いかがでしょうか。ピンとくるものは見つかりましたか?

今回ご紹介したサイトのデザインは、どこも完全オリジナルで、キャノンや他の大手のサイトのように、複数のサイトに提供されているということはありません。したがって、デザインが被るというリスクはほぼないでしょう。

受け取った方が、見た瞬間に惹かれるような、そんな素敵な年賀状が作成できますように、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめの記事